きりんのブログ

日々の徒然など、いろ~んな事を書いてます。 人生、「気づき」が大事だと思っていますので、 その一環としてブログに書かせていただこうと思います。

美のプロ発!「見た目と口臭両方に効く」マストな3ステップ

いくらお肌やお洋服で見た目をキレイにしていても、口臭があると台無し!? 達人が教えてくれる秘密のテクニックで、今すぐ口内ケアをはじめて!

女子のたしなみ、大人のエチケット『口臭予防コース』


公益財団法人ライオン歯科衛生研究所歯科衛生士。女性ならば気をつけて当然の口臭についてはもちろん、歯周病ケアもわかりやすく解説!

見た目とニオイ、両方に効くマストな3ステップ
「むし歯や歯肉炎予防も大事ですが、20~30代の女性だと口臭も気になりますよね。すべての原因となるのは歯の汚れである歯垢。一日1度は、大掃除のつもりで丁寧に口内ケアして、すっきりとさせましょう」

f:id:dcolge:20180302184746p:plain

STEP1 舌みがきをする
「口臭の原因は、舌につく汚れ(舌苔)です。舌を出し、奥から手前に向かって3回くらい動かし、優しく取り去りましょう」

f:id:dcolge:20180302184804p:plain

 

f:id:dcolge:20180302184817p:plain

STEP2 歯みがき剤を正しく使う
1)「フッ素配合の歯みがき剤は、フッ素を口の中に多少残すことがポイント。うがいは10~15mlの水で、すすぐのも1回程度にしましょう」
2)「歯みがき剤は用途によって選びましょう。歯を強くする、口臭を予防するなどいろいろな効果がありますが、 適量は1~2cmが基本です」(歯科用歯髄診断器)

 

STEP3 フロスを使いこなす
歯と歯の間の歯垢デンタルフロスでオフ。 「ベストな長さは約40cm。指からひじまでがちょうどそれくらいなんですよ」

f:id:dcolge:20180302184904p:plain

「40cmほどに切ったデンタルフロスを、両手の中指に2~3回巻き付けて、15cmぐらいの長さにし、ピンと張ります」

さらに親指と人差し指でフロスを1~2cm間隔でつまみ、歯の隙間をお掃除。 「こすらず、汚れを優しくからめとるのがコツ」(Shikakiki)